全盛期の「ぷっ」すま伝説 

・3分間で5グダグダは当たり前、3分間8グダグダも
・番組開始時にグダグダを頻発
・ナギスケにとってのしっかりした進行はグダグダのなりそこない
・スタッフロールがグダグダなのも日常茶飯
・ゲストチームと100ポイント差、ユースケお手上げの状況から草1人でミラクル
・罰ゲームも余裕でグダグダ
・草が絵を描いただけで絵のモデルが泣いて謝った、心臓発作を起こす幹久も
・あまりにグダグダすぎるから脚本読んでる時点でグダグダ扱い
・その脚本自体もグダグダ
・美人を映しただけでユースケがそこに飛んでいく
・カメラの回っていない移動時間でも2グダグダ
・江頭が登場してから帰る方が早かった
・控え室でグダグダになった
・グッとドーンしただけで5%くらい視聴率上がった
・湾岸戦争が始まったきっかけは剛がダンスやってるから
・自分の選んだ水着に飛び乗ってOLの元まで行くというファンサービス
・ナギスケは本気を出す気がない
・ビール飲みながら進行できるのは草くらい
・病気の子供に無茶ぶりを約束
・昔はA級ライセンス取得を目指していた
・やめた理由はナギスケがグダグダすぎて危ないから
・「ぷっ」すまの撮影を離れたところから見ていた子供が近寄ったらすでにグダグダな空気が流れていた
・ナギスケは、いつも店先のトランペットを物欲しそうに眺める少年とショートコントをしたことがある
・その結果はもちろんグダグダ

1583view


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-07-31 (土) 20:28:08 (2943d)