全盛期の主水伝説

・1クール3殺傷は当たり前、3クール8殺傷も
・初回先頭武士殺傷を頻発
・せんにとっての主水は婿殿のなりそこない
・初回嫁姑のいびりも日常茶飯
・悪者のアジトに踏込む直前、仕事仲間全員負傷の状況から1人でいびられる
・宿直も余裕で熟睡
・1回のスイングで刀が1本に見える
・役所でお茶くみが特技
・家に帰るだけでりつが泣いて謝った、心臓発作を起こすせんも
・仕置完了でも納得いかなければいつも通り家に帰ってきてた
・あまりに昼行灯すぎるから事件発生でも留守番扱い
・その留守番も熟睡
・悪人を一睨みしただけでやいとやが斜め右に飛んでいく
・裏仕事の無い出勤日でも2殺傷
・刀を使わずに熟睡できたことも
・自分の給料をせんに見つかりレーザービームで使われる
・書庫番格下げなんてザラ、牢屋見回りをすることも
・八丁堀で美人局に引っ掛かってからいびられる方が早かった
・南町奉行所で寝た
・仕事料ふんだくろうとした剣之介と、それを止めようとしたお歌、やいとや、捨三ともども南無阿弥陀仏
・三味線屋のヤジに流暢な日本語で反論しながらいびられる
・グッとガッツポーズしただけで5回くらいいびられた
・南町奉行所で牢破りが起きたことは有名
・湾岸戦争が始まったきっかけは玉助の「じゅ〜んちゃん!」
・役所の深い場所から家のせんにいびられていた
・自身の立場向上のチャンスを楽々ふいにしてた
・自分の刀に飛び乗って鉄まで行くというファンサービス

933view


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-07-31 (土) 20:28:11 (2824d)