テレビ

全盛期のMAC伝説

・3話5機撃墜は当たり前、3話8機撃墜も
・先発メンバー全員殉職を頻発
・MAC隊員にとっての脱出は墜落死のしそこない
・怪獣出現地域そのまま壊滅も日常茶飯
・第40話開始3分、チームメイト全員お誕生会の状況から5分で全滅
・等身大の宇宙人でも余裕で殉職
・一人のフリップ星人が二人に見える
・念力で寿命を縮めるのが特技
・怪獣が降り立つだけで街の住民が泣いて謝った、精神崩壊を起こす女性も
・地球防衛隊時代でも納得いかなければ全員蝋人形にされて帰ってきてた
・あまりに人が死にすぎるから孤児になった兄妹をMAC隊員が引き取り自分の子供扱い
・その隊員も死亡
・その後妹も死亡
・隊長が一睨みしただけでブーメランがゲンに向かって飛んでいく
・放送の無い日でも2人殉職
・武器使わずに素手で殺されたことも
・自分のマッキー2号を自分で操縦して宇宙人に特攻する
・名前ありレギュラー隊員自然消滅なんてザラ、役者が2周することも
・一瞬で殉職してから隊長に追悼される時間の方が長かった
・宇宙空間で火事になった
・宇宙人をキャッチしようとしたボクサーと、その事実を受け止めようとしたボクサーの妻、警官、工事現場の作業員ともども死亡させた
・同僚の隊員のヤジに流暢な日本語で反論しながら背面チョップ
・グッとガッツポーズしただけで死亡フラグが立った
・宇宙人が斬った自分の父親をすぐ傍で見ていた子供が泣いたらすでにメダルでサインが残してあった
・突然嵐が巻き起こったことは有名
・日本名作民話シリーズが始まったきっかけは番組の人気低迷
・あまったれた現代の子供達の心を傷付けてやりたかったという名言
・宇宙人の侵入にMAC宇宙基地のレーダーが反応しないので東京中が警戒されていた
・幸せそうな家族を楽々身寄りの無い子供一人にしてた
・隊長が自分のジープに飛び乗ってゲンまで突っ込んで行くというファンサービス
・ハンデとしてウルトラマンレオを伴って戦闘に入るルールも導入されたが全然ハンデにならなかった

1388view


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-07-31 (土) 20:28:14 (2943d)