全盛期のDぐみ伝説

・3年間で5回優勝は当たり前、3年間8優勝も
・Aメロだけで最優秀賞を頻発
・ピアノの前奏だけで最優秀賞も日常茶飯
・制限時間ラスト1秒、クラスメイト全員欠席の状況から指揮者1人で優勝
・7秒のCMソングでも余裕で優勝
・一人の歌声で三人のハモリに聴こえる
・舞台袖で待機中にスタンディングオベーションを受けるのが特技
・舞台に上がるだけで審査員が泣いて感動した、心臓発作を起こす審査員も
・ノーミスでも納得いかなければ最後のリフレイン歌わないで帰った
・あまりに優勝しすぎるから自由曲部門は即興の曲自作を課される
・その即興で作った曲が名曲すぎて翌年の課題曲に
・指揮者がタクトを構えただけで、優勝トロフィーがDぐみの教室に飛んでいく
・夏休み中でも優勝
・口を開けずに鼻息だけでハモってたことも
・歌う直前の吸気だけで優勝なんてザラ、吸気だけでアンコールに応えることも
・優勝を逃してから「え〜」と思わず漏れた不満の声のほうが綺麗にハモってた
・コンクール開始前の教室での発声練習で入賞した
・歌い手のミス、ピアノ奏者のミス、指揮者のミスともども即興アレンジのネタにして優勝した
・ライバルのクラスのヤジに即興の歌詞で反論しながら韻を踏む
・グッと円陣組んだだけで5つくらい賞もらった
・挨拶だけで1/fのゆらぎが発生したことは有名
・湾岸戦争が始まったきっかけはDぐみの欠場
・指揮者が指揮台の位置からピアノの左手パートも処理してた
・咳払いを楽々ハーモニーにしてた

(おまけ)全盛期の男子伝説

・男子にとっての居残り練習は下校タイミングの計りそこない
・不良ぶって並ばないのが特技
・声が聞こえただけで女子が泣いて感謝した、心臓発作を起こす女子も
・練習中でも納得いかなければ間奏を待たずに下校した
・あまりに歌わないから鼻歌でも参加扱い
・その鼻歌も口パク
・楽譜なくすなんてザラ、2回もらうことも
・女子に「歌ってください」と言われてから、ふてくされて帰るときの方が声が出てた
・ちゃんとならんだだけで、5回くらい「けっこうマジメ」と言われた
・歌の練習を抜け出してカラオケに行くという挑発的サービス

579view


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-12-03 (金) 02:11:09 (2698d)