全盛期のトランペットを物欲しそうに眺める少年の伝説 

・3店舗5トランペットは当たり前、3店舗8トランペットも
・年明けの瞬間からトランペットを熱望
・少年にとってのグローブはトランペットの貰いそこない
・年明けの瞬間にグローブも日常茶飯
・9回裏100点差、チームメイト全員負傷の状況から1人でトランペットを物欲しそうに眺める
・クラリネットも余裕でトランペット
・一回の眺めでトランペットが三本に見える
・エアトランペットが特技
・店先に立つだけで店主が泣いて謝った、心臓発作を起こす店員も
・トランペットを貰っても納得いかなければイチローにあげて帰ってきてた
・あまりに欲しがりすぎるからチラ見でも物欲しそうに眺める扱い
・そのチラ見でもグローブ
・店先を一睨みしただけでトランペットが二遊間に飛んでいく
・店の休業日でも2時間眺める
・トランペットを使わずにグローブで演奏したことも
・店先のトランペットを自分で演奏してレーザービームで店員に投げ返す
・徹夜で眺めることなんてザラ、2徹することも
・店員で追い払われてから家に帰る方が早かった
・ショーウィンドウの中でトランペットを吹いた
・追い出そうとした店員と、グローブあげようとしたイチロー、東出、サブローともども物欲しそうに眺めた
・熱い視線で発火現象が起きたことは有名
・湾岸戦争が始まったきっかけはフセインが所持してたトランペット
・いつも店先のトランペットを物欲しそうに眺める少年は、ある野球選手から貰ったグローブを投げ捨てたことがある
・後のイチローである

3683view


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-07-30 (金) 10:07:30 (2823d)