全盛期のXeon伝説

・2コアあたり8スレッド実行は当たり前、4コア32スレッドも
・初心者のオーバークロックでもCore2系の世界最高クロック更新を連発
・あまりに更新しすぎるから定格動作でもオーバークロック扱い
・XeonにとってのローエンドモデルはCore2ハイエンドの選別品
・マイナス電圧での起動も余裕でクリア
・ジョブズを一睨みしただけでMac proにXeon採用
・リフレッシュ動作を行わずDRAMの内容を読み出せたことも
・Xeon搭載PCを支給されただけで社員が泣いて喜んだ、心臓発作を起こす社員も
・計算終了しても納得いかなければ計算結果を出力しなかった
・あまりに速すぎるからローエンドでもエクストリームライン扱い
・そのローエンドでもBOINCで上位争い
・Xeonはパスワードを入力してログインした時点で必要な作業を全て完了している
・湾岸戦争が始まったきっかけはXeon生産ラインの奪い合い
・次期Xeonの設計を自分でやってくれるという社員サービス
・2コア動作は「今日はカレーが食べたい」という暗号
・ネットでXeonの在庫が出現するだけで物価が上がる
・Xeon搭載Mac proがVistaの最速起動記録を保持しているのは有名
・革新的なアーキテクチャで10年後の最先端技術を採用していたのはあまりにも有名
・Xeonは、いつも店先のグラフィックボードを物欲しそうに眺める少年にCore2をプレゼントしたことがある
・あまりに速いので最初から計算終了扱いだった時期も
・フル稼動すると全米に停電が発生するので力をセーブしてた
・Xeonのコアを1つでもストールさせればベンチマークソフトの勝ちというルールはもはや伝説

1355view


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-07-30 (金) 10:01:22 (3001d)