ミュージシャン

全盛期のイチロー伝説

・3秒5シャウトは当たり前、3秒8シャウトも
・「ゼーット!」を頻発
・イチローにとっての歌謡曲はヒーローソングの歌いそこない
・「ダーッシュ!」も日常茶飯
・新曲も余裕でヒット
・一回のシャウトでマイクが三つに割れる
・バラエティ番組でシャウトが特技
・新曲を出すだけで佐々木功が泣いて謝った、心臓発作を起こす子門真人も
・ライブでも納得いかなければシャウトしないで帰ってきてた
・あまりに叫びすぎるからJ-POPを歌ってもアニソン扱い
・その曲でもシャウト
・収録の無い移動日でも2シャウト
・マイク使わずに普通に叫んでたことも
・自分のアルバムを自分で購入して自宅でシャウト
・ファンの韓国人のヤジに流暢な水木節で反論しながら「ズババババーン!」
・「ゴー!」とシャウトしただけで5人くらい鼓膜が破れた
・シャウトで地震が起きたことは有名
・湾岸戦争が始まったきっかけはブッシュとフセインのアルバム争奪戦
・自分のCDに飛び乗ってファンの家に向かって叫ぶというファンサービス
・イチローは常に全力
・一キロ先から収録できるのはイチローくらい
・病気の子供にシャウトを約束
・昔は歌謡歌手をしていた
・やめた理由は魂の叫びが出せないから
・イチローは、いつも店内のCDを物欲しそうに眺める少年に兄尊を買ってあげたことがある

1936view


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2007-12-25 (火) 04:05:03 (3773d)