ミュージシャン

全盛期のビートルズ伝説 

・来日公演1日5公演は当たり前、1日8公演も
・プリーズを連発
・ポールにとってのイエスタデイはギターの弾きそこない
・紅白歌合戦出場も日常茶飯時
・アンコール100点差、メンバー全員負傷の状況からジョージ1人で逆転
・オクトパスガーデンも余裕でヒット
・一回のストロークでギターが三本に見える
・歯ギターが特技
・ステージに立つだけでバッドフィンガーが泣いて謝った、心臓発作を起こすリンゴも
・オーディエンスが大盛り上がりでも納得いかなければ飛行機で帰ってきてた
・あまりにもライブやりすぎるから学校の屋上でもライブ扱い
・そのライブもティーンエイジャーの心を掴む
・リンゴを一睨みしただけでドラムカウント
・ライブのないオフでも2公演
・ドラムを使わずボイパで済ませたことも
・自分の歌声を自分で飲み込んでレーザービームで投げ返す
・世界一周公演なんてザラ、二周することも
・薬でアウトになってからインドに帰る方が早かった
・ウェイティングパーティーでルーシーインザスカイウィズダイアモンド唄った
・サインキャッチしようとしたグルーピーと、それを受け止めようとしたジョン、ポール、ジョージともどもスタンドインさせた
・観客の韓国人のヤジに流暢な韓国語で反論しながらイエスタデイ
・グッとガッツポーズしただけで観客が失神した
・ジョンの歌声でハリケーンが起きたことは有名
・湾岸戦争が始まったきっかけはポール死亡説
・アマゾン奥地から日本の中学校の屋上でもライブしてた
・ボーリングの球を楽々曲にしてた
・自分のギターに飛び乗って日本まで行くというファンサービス

1886view


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2007-12-23 (日) 01:54:16 (3834d)