全盛期のマイケルシェンカー伝説

・1ツアー1失踪は当たり前、1公演3失踪も
・ヘッドライナーで満塁失踪を頻発
・マイケルにとっての武道館公演は初来日初失踪のしそこないだった
・記者会見中の失踪も日常茶飯

・全公演ソールドアウト、バンドメンバー全員集合の状況から1人で失踪
・アンプに繋がってなくても余裕で失踪
・一回の失踪でマイケルが三人に見える
・徒歩で失踪が特技 ・ステージに立つだけでプロモーターが泣いて感謝した、心臓発作を起こすプロモーターも

・失踪しても真に自分を理解してくれて創造的なプレイを楽しめるボーカリストを見つければ変な宗教に入らず帰ってきてた

・ウェイティングルームで失踪するのをを止めようとしたコージーと、それを補助しようとしたゲイリー、ルドルフ、カーテンの後ろのギタリストともどもレーザービームで失踪
・観客の英国人のヤジに流暢なドイツ語で反論しながら失踪
・ベルリンの壁崩壊が始まったきっかけはマイケルの失踪が原因
・自分で壊したフライングVに乗って失踪

1810view


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2009-01-11 (日) 23:13:47 (3448d)