全盛期の関口さん伝説

・1呼吸5000ccは当たり前、1呼吸8000ccも
・奏者一掃満塁ドジっ子を頻発
・関口さんにとってのジャズは横断歩道の通りそこない
・レコード脳天直撃も日常茶飯
・音楽祭遅刻、チームメイト全員凍傷の状況から1人でチューニング
・一回のスウィングでトロンボーンが三本に見える
・バンドでジャズムランが特技
・弁当を差し入れるだけで吹奏楽部が泣いて謝った、嘔吐を起こす部員も
・トロンボーン没収でも納得いかなければマウスピース渡さないで帰ってきてた
・あまりに可愛すぎるからメガネが外れても俺のストライクゾーン扱い
・そのメガネもヒット
・一睨みしただけでイノシシが止まって見えた
・演奏の無い移動日では地味私服、だがそれがいい
・トロンボーン使わずに口笛吹いてたことも
・自分の演奏を自分で耳コピしてアレンジで吹き返す
・電車内演奏なんてザラ、赤湯⇔米沢間2往復も
・竹中直人が教えるよりも関口さんが覚える方が早かった
・たて笛だけで「メキシカン・フライヤー」フル演奏してた
・練習を注意しようとしたカラオケボックス店員と、様子を見に来た客やパチンコ屋の店長ともども一吹きでスタンドインさせた
・客の地元住民の「高校生が酒売っていいのか」というヤジに流暢な山形弁で反論しながら店頭セールス
・グッとバキュームしただけで台風が発生したことは有名
・湾岸戦争が始まったきっかけは雪合戦での雪玉顔面命中
・ライトから深呼吸して三塁線のスクイズも処理してた
・一斗缶を楽々ペコペコさせてた
・自校の赤ジャージに着替えて松茸狩りに行くというファンサービス
・イチローは、いつも店先のテナーサックスを物欲しそうに眺める鈴木さんにピアノを買ってあげたことがある
・のちののだめである
819view


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2008-11-29 (土) 22:48:06 (3432d)