ミュージシャン

全盛期の平沢進およびP-MODEL伝説

・メンバー3人中5人チェンジは当たり前、3人中8人チェンジも
・アルバム発売ごとにメンバーチェンジを連発
・平沢にとっての凍結、改訂、培養は解散のしそこない
・自主制作、メンバー不在の状況から一人で核P-MODEL結成
・JASRACにも余裕で宣戦布告
・一回のインタラクティブライブでバッドエンドが三本以上見れる
・最初の分岐でバッドエンド→客電ONが特技
・『地球ネコ』が流れるだけでテレビ前の子供が泣いて謝った。心臓発作を起こす保護者も
・名曲でも納得いかなければ他メンバーにメインボーカル任せきりで録音した
・skypeを一睨みしただけでマネージャーがプーケットに飛んでいく
・音楽活動の無い日でも太陽光発電
・一般電力を使わずに太陽光発電気だけでライブをしたことも
・自分の顔面映像を自分でCG処理してプロモーションビデオを製作
・歌詞が「フルヘッヘッヘッヘッ」で1曲なんてザラ、「イーヤイヨイヤー」だけなことも
・観客のアニオタのヤジに流暢な造語で反論しながら『sign』熱唱
・グッとノートパソコンを閉じただけでアンコールが終了した
・タイのニューハーフに惚れこんで『simcity』が作られたことは有名

『地球ネコ』@おかあさんといっしょ 作詞・作曲 平沢進
http://jp.youtube.com/watch?v=DQdjCqxGhEY
歌詞が「フルヘッヘッヘッヘッ」で1曲
http://jp.youtube.com/watch?v=VcMb03FLoSk

・時に深いよりも時に速かった
・biiig eyeの印税が300円だけ入ってたことに気付かない平沢も多い
・自分が作ったCDに乗って未来は惨澹たると教えるファンサービス

2957view


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2008-01-04 (金) 01:08:33 (3763d)