全盛期のレポート伝説 

・3日5枚は当たり前、3週間8枚も
・期限ギリギリ満塁提出を頻発
・書き手にとってのレポート提出は徹夜のついで
・期限後サイクル提出も日常茶飯
・9時間前100枚残り、チームメイト全員終了の状況から1人で完徹
・一枚だけも余裕でギリギリ
・一回のレポートで徹夜が三回ある
・講義中も作成が特技
・期限に遅れるだけで相手教授に泣いて謝った、心臓発作を起こす東出も
・レポート完成でも納得いかなければ提出しないで帰ってきてた
・あまりに書けなすぎから表紙も枚数扱い
・その表紙も徹夜
・テレビを一睨みしただけでレポート作成が彼方に飛んでいく
・レポートの無い移動日でも徹夜
・パソコン使わずに手で書いてたことも
・自分のレポートを自分で評価してA判定で投げ返す
・再提出なんてザラ、2回することも
・完成してからベットに帰る方が早かった
・教授の韓国人のヤジに流暢な韓国語で反論しながら中国語で提出
・グッとガッツポーズしただけで飽きた
・提出前日ボーリングを楽々してた
・自分の考察を自分で否定するという教授サービス ・レポート提出を受け取った教授が見たらすでにレポートに評価がしてあった

940view


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2007-12-21 (金) 14:01:39 (3955d)