全盛期の俺の長距離走伝説

・1500m7分は当たり前、6000m45分も
・先頭スタート最下位ゴールを頻発
・俺にとっての100m以上は長距離走の走りそこない
・先頭走者1000m差も日常茶飯
・1時間目2周差、チームメイト全員完走の状況から1人で肉離れ
・200m走も余裕で30秒
・一回の1500m走でゴールが5km先に見える
・ダウンで貧血が特技
・スタートラインに立つだけでふくらはぎが泣いて謝った、発作を起こす心臓も
・完走でも納得いかなければ嘔吐して帰ってきてた
・あまりに遅すぎるから折り返し地点でも完走扱い
・その折り返し地点でも嘔吐
・ゴールを一睨みしただけでゴールが地平線に飛んでいく
・長距離走の無い体育でも2嘔吐
・スパイクを使わずに上履きで走ってたことも
・自分の吐きかけた物を自分で飲み込んでレーザービームで嘔吐
・ゴール後足が痙攣なんてザラ、捻挫することも
・ゴールで嘔吐してから保健室に行く方が早かった
・準備体操で軽く嘔吐した
・俺を保健室に連れて行こうとしたAと、それを手伝おうとしたH、K、Iともども2時間目遅刻させた
・ペアの野郎のヤジに流暢な呼吸で反論しながら嘔吐
・グッとガッツポーズしただけで約10秒ロス
・嘔吐で釣られ嘔吐が起きたことは有名
・湾岸戦争が始まったきっかけは俺の靴擦れ
・競技場の深い位置から反対側の応援も聞こえなかった
・股間の球を楽々謎の痛みで真っ赤にしてた
・自分のジャージを校庭に置き忘れて教室まで戻るというファンサービス
・俺は本気を出した事がないと思いたい
・100m地点からわき腹を痛くできるのは俺くらい
・俺がゴールしたら授業終了
・俺が走ると靴がずれる
・病気の子供に1500m7分台を約束
・昔は小学生から走り幅跳びをしていた
・やめた理由は同級生に記録を抜かれたから
・諦めがよすぎるせいか20m先の絶望まで見える
・途中で俺が歩くだけで記録が落ちる
・俺が立てる記録は下の下
・俺がまだゴールしていないことにまだ気づいていない記録員も多い
・俺は走り終えると吐きたくてトイレに篭ってしまう
・じつは鍵をにぎってるのは呼吸法だけ
・俺が1500m6分台を出せた時点で日本記録でいいだろ
・俺が記録を縮ませた日はほぼ雨
・2週連続長距離走は「今日は勘弁してくれ」という暗号
・俺が落ちていたスパイクにつまずいて3針縫ったのは有名
・長距離走中の俺は、いつも店先のトランペットを物欲しそうに眺める少年を気にする余裕もなかった
・あまりに吐くので最初から袋装備の時期も
・フルパワーで走ると2週目以降失速するので力をセーブしてた
・俺のタイムに体育教師が反応してしまうので長距離走中は警戒されていた
・3000mに出場したが18分で完走してしまい俺的にNG
・超重量のスパイクを履きながら走っていたため試合後脱いだ後の足を見たら皮がベロベロ
・名選手はゴールがすぐそこに見えるというが俺はむしろ三途の川すら見えた
・10分で2100mまで行けた
・俺が走った試合を観客席で見ていた子供が振り返ったらすでに俺が吐いた痕があった
・あまり速く走ると体が傷付くから走りたくないという屁理屈
・俺には何もみえねぇ
・俺を1500mで1週遅れさせればその人は速く帰れるというルールはもはやボーナスステージ
・3週遅れさせられればジュース1本という破格のルールはさすがに達成できた人はなし
・ハンデとして3秒ルールも導入されたが今考えると全然関係なかった

1129view


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2009-05-08 (金) 12:33:42 (3333d)