全盛期の月曜日伝説 

・3日連続3時間残業は当たり前、1週間8日労働も
・週の頭から嫌がらせを頻発
・社会人にとっての月曜日は悪魔の襲撃
・週の頭から労働強要も日常茶飯
・3年生3月、出席日毎日出席の生徒が最終月曜日に病欠
・有給も余裕で却下
・一日の月曜日で憂鬱さは六日分を凌ぐ
・仕事上のトラブルを決まって起こすのが特技
・カレンダーに載るだけでみんなが泣いて鬱になった、心臓発作を起こす人も
・祝日でも納得いかなければ休日出勤要請して阻んできてた
・あまりに強すぎるから政府要人でもハッピーマンデー法制化
・そのハッピーマンデーも休日出勤
・月曜日が一睨みしただけでみんなのやる気が飛んでいく
・授業の無い日でもレポート地獄
・祝日がなく毎週攻撃する月も
・前日の日曜日を用事で拘束して月曜日に疲れを倍で返す
・月月火水木金金なんてザラ、2周することも
・日曜日にサザエさん終わってから月曜日が始まる方が早かった
・何もしてないのに月曜が来た
・有給休暇しようとしたサラリーマンと、学校をサボろうとした学生、公務員、駅員ともども強制通勤・通学させた
・満員の乗客の列車に疲れた溜息で呼応する月曜日
・ちょっと働いただけで5日分くらい疲れた
・月曜日に松岡大臣が自殺したことは有名
・湾岸戦争が始まったきっかけは月曜日の到来
・週の早い時期から週末の予定も握りつぶしてた
・ボーリングの計画を楽々白紙にしてた
・土曜日の日付に沿って祝日が来るという嫌がらせ

913view


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2007-12-21 (金) 14:26:31 (3930d)