全盛期の就活伝説

・3社で5度お祈りは当たり前、3社で8度お祈りも
・ES提出即お祈りを頻発
・俺にとっての一次選考通過はお祈りのされそこない
・連絡無しも日常茶飯
・最終選考競争率1倍、ライバル全員負傷の状況から1人でお祈り
・バイトの面接も余裕でお祈り
・一回のES提出でお祈りメールが三通来る
・面接でアウアウが特技
・ESの内容を見るだけで面接官が泣いて謝った、心臓発作を起こす重役も
・あまりにお祈りされすぎるから資料請求でも内々定扱い
・届いた資料がお祈りメール
・ESを一睨みしただけで自己PRが忘却の彼方に飛んでいく
・選考の無い移動日でも2お祈りメール
・ES使わずに矢文でエントリーしてたことも
・自分のESを自分でキャッチしてレーザービームで投げ返す
・ES提出してからお祈りされる方が早かった
・お祈りメールの束でヒット打った
・自己PRを訊いた面接官と、それを書き留めようとした面接官ともども失笑させた
・面接官のヤジにアウアウな日本語で返答しながら泣く
・グッとガッツポーズしただけで5社くらいお祈り
・お祈りメールでリクナビの鯖落ちが起きたことは有名
・湾岸戦争が始まったきっかけはクウェート外務省へのES提出
・お祈りメールに飛び乗って樹海まで行くというファンサービス

お祈り=貴殿の今後益々のご活躍を心よりお祈り申し上げます

1150view


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2009-07-25 (土) 03:32:53 (3194d)