全盛期の電車の中の女子高校生伝説 

・3人で5種類の香水は当たり前、3人で8種類も
・乗り込んですぐ床に座り込む行為を頻発
・女子高生にとっての消臭スプレーは香水のやりそこない
・パンツ見えるかと思ったらスパッツも日常茶飯
・9回裏100点差、全校生徒全員負傷の状況から1人で逆転
・ワンバウンドも余裕で拾い食い
・一回のメールで携帯電話が三個に見える
・吊革で体操が特技
・席を立つだけで向かいのサラリーマンが泣いて謝った、心臓発作を起こす車掌も
・化粧と髪型に納得いかなければ改札を出ないで帰ってきてた
・あまりにメールを打ちすぎるから携帯を取り出しただけでもストライク扱い
・それでも目にもとまらぬ速さで打ち込み
・オッサンを一睨みしただけでその人が隣の車両に飛んでいく
・学校の無い休日でも2乗車
・携帯電話を使わずに手で打ってたことも
・自分の書いた手紙を自分でキャッチしてレーザービームで投げ返す
・寝過して環状線を1周なんてザラ、2周することも
・学校で校則違反を指摘されてから家に帰る方が早かった
・ウェイティングサークルでメールを打った
・車内での態度を注意しようとした車掌と、それを受け止めようとした運転士、駅員、掃除のおばちゃんともどもスタンドインさせた
・乗客の韓国人のヤジに流暢な韓国語で反論しながらメール
・グッとガッツポーズしただけで5分くらい遅れた
・コウダクミのモノマネでハリケーンが起きたことは有名
・湾岸戦争が始まったきっかけは女子高生の場外乱闘
・ホームの深い位置から三番線のゴミも処理してた
・ボーリングの球を楽々線路に投げ捨てたりしてた
・自分のカバンに飛び乗って運転席まで行くというファンサービス

1176view


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2008-11-14 (金) 14:37:47 (3563d)