全盛期の新聞配達員イチロウ伝説 

・3日間に誤配達は当たり前、3日で無配達も
・朝刊配達前の夕刊配達を頻発
・夕刊配達は朝刊未配達のおわび
・先頭家庭未配達も日常茶飯
・でも、朝7時半、同僚全員負傷の状況から1人で配達完了したことも
・他紙も余裕で配達
・一回の配達で新聞が三部に見える
・配達のふりして集金が特技
・イチロウが配達するだけで他社配達員が泣いて謝った、心臓発作を起こす配達員も
・完全配達でも納得いかなければ二部目を配達して帰ってきてた
・あまりに配達しすぎるから出勤だけでも配達扱い
・その出勤も免除
・お客に一配達したつもりだけで新聞が二丁目に飛んでいく
・休刊日でも2配達
・配達せずに手でちぎってたことも
・自分の新聞を自分でキャッチして、読んでくしゃくしゃにして配達する
・4社分完全配達なんてザラ、2周することも
・配達する前に家に帰ることが多かった
・配達前に配達を終えたことも
・請求書を新聞の見本とともに送り届け、ポストインさせた
・客の韓国人のヤジに流暢な韓国語で反論しながら背面配達
・グッとガッツポーズしただけで5夕刊くらい配達した
・配達でハリケーンが起きたことは有名
・湾岸戦争が始まったきっかけは場外無料配達
・左翼の深い位置から右翼のクレームも処理してた
・外国の新聞も楽々ポストインにしてた
・自分の配達に酔ってスタンドまで行く前にへべれけになるというファンサービス
・配達で本気を出した事がない
・夕方に朝刊配達できた
・イチロウがケガしたら全新聞休刊
・イチロウが配達すると、かつらがずれる
・病気の子供に古新聞の配達を約束
・昔は本社記者をしつつ配達をしていた
・やめた理由は誤配があいついで記事が読まれなかったから
・朝日なのに読売の記事が書けるのはイチロウくらい
・批評眼がよすぎるせいか記事のインクの粒子まで見える
・街でイチロウが歩くだけで新聞が売れる
・イチロウが書く社説は読みにくい
・イチロウに配達されたことにまだ気づいていない購読者も多い
・イチロウは配達を終えると落ち込んでトイレに篭ってしまう
・じつは新聞のうち読んでるのはねこ新聞だけ
・イチロウが配達完了した時点で衆議院解散でいいだろ
・イチロウに2日連続配達を許した家庭は褒められる
・2日連続配達は「今日は南ドイツ新聞が読みたい」という暗号
・イチロウは落ちてきた新聞を手でつかんで万有引力発見したの有名
・配達後の集金攻撃で、うるさい客を撃沈したのはあまりにも有名
・イチロウは、いつも店先のねこ新聞を物欲しそうに眺める少年に南ドイツ新聞を買ってあげたことがある
・あまりに配達するので配達前から集金してた時期も
・フル配達すると周囲で誤配騒ぎになるので力をセーブしてた
・イチロウの配達に米軍のレーダーが反応してしまうので配達中は警戒されていた
・配達番付の夕刊版ストラックアウトに出場したがノーミスでパーフェクト達成してしまいテレビ的にNG
・ちなみに配達番付朝刊版は寝坊で参加できず
・超重量のウエイトを着けながら配達していたため配達後あまった新聞を読んだだけで筋肉痛になった
・名配達人はすぐに新聞がなくなったように見えるというが、イチロウはむしろ最初から新聞を積んでなかった
・新聞配達の賞金でハワイまで行けた
・イチロウが配達した新聞を家庭で子供が読んだら、すでにねこ新聞の欄が切り抜かれていた
・あまり配達すると客が忙しくなるから配達したくないという名言
・イチロウには「夜刊」が見えていたらしい
・イチロウが夕刊を一部誤配すればその日は他社の勝ちというルールはもはや伝説
・夕刊で三誤配達させられれば、即他社の子会社球団の優勝決定という破格のルールも達成できた会社はなし
・ちなみに朝刊誤配達は日常茶飯事なのでルール制定にいたらなかった。
・ハンデとして目を瞑って配達するルールも導入されたが全然ハンデにならなかった

890view


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2008-11-01 (土) 11:24:06 (3639d)