全盛期の喪男伝説 

・野郎だけのクリスマスは当たり前、一人でクリスマスを迎える年も
・初対面で生理的嫌悪を頻発
・喪男にとって相手から好感を持たれるのは相手の視力低下が原因
・全世界で男が全滅、人類の男が自分ひとりの状況から全員に振られる
・♀ゴリラも余裕でストライクゾーン
・涙でオカンからもらったチョコが三個に見える
・自演ラブレター作成が特技
・見合いの写真を送るだけで相手女性が泣いて謝った、心臓発作を起こす仲人も
・夢の中でモテても納得いかなければ急に目が覚めて起きてきてた
・あまりに振られすぎるから猫相手でも婚約成立扱い
・その猫も逃走
・人ごみで現れただけで人波がモーセの奇跡のように避けていく
・人に会わない休日でも2振られ
・自分宛ての年賀状を自分で投函して元旦に受け取る
・合コンで飲み食いしているだけなんてザラ、出席拒否されることも
・妄想の中で振られた
・グッと登録しただけで出会い系サイトが閉鎖した
・達人は女性の目の動きで感情を見分けるというが喪男はむしろ脳の神経パルスで自分が嫌われているのすら見えた
・あまりコンビニにいくとキモがられるから行きたくないという名言
・マックでスマイルをもらえることができれば即結婚という破格のルールも達成できたことはなし
・救済措置として仮面を被ってお見合いをするというルールも導入されたが全然救済にならなかった

1446view


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2008-11-14 (金) 14:30:19 (3658d)