全盛期の脱糞伝説

・3日5敗戦は当たり前、3日8敗戦も
・急行発車直後脱糞を頻発
・ガス抜きのはずの脱糞は屁のしそこない
・パンツを下ろす直前に油断して脱糞も日常茶飯
・終電乗車率120%、乗客全員疲労困憊の状況から1人だけ脱糞
・電車が空いていても余裕で脱糞
・一回の脱糞でうんこが三本に見える
・最小限の被害で漏らすのが特技
・下痢便をぶちまけるだけで駅員が泣いて謝った、心臓発作を起こす乗客も
・トイレに間に合っても納得いかなければパンツの中に脱糞して帰ってきてた
・あまりに漏らしすぎるから腹が鳴っただけでも欠勤
・その欠勤日も自宅で敗戦
・オッサンに一睨みされただけでウンコが肛門からひり出される
・トイレの無い車両で2回脱糞
・パンツ履かずに直に漏らしたことも
・自分の出したウンコを自分でふき取ってレーザービームで便器へ投げ返す
・替えのパンツ全滅なんてザラ、2周することも
・便意を感じてからウンコを漏らす方が早かった
・待合室で脱糞した
・脱糞テロから逃れようとした乗客と、それを避けようとした大学生、OL、旅行客ともども下痢まみれになった
・乗客の韓国人のヤジに流暢な韓国語で謝罪しながら脱糞
・グッとガッツポーズしただけで500gくらい漏らした
・脱糞でハリケーンが起きたことは有名
・湾岸戦争が始まったきっかけはフセインがアメリカ訪問した時の脱糞
・先頭車両の深い位置から駅のトイレに間に合わず敗戦処理してた
・電車内のトイレで楽々敗戦処理してた
・自分の出したウンコに飛び乗ってトイレまで行くというファンサービス

1961view


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2008-12-24 (水) 21:04:15 (3523d)