中学時代の全盛期の俺伝説

・0打数5一塁コーチは当たり前、0打数8一塁コーチも
・先頭打者リーリーを頻発
・俺にとっての代打ヒットは玉磨きのしそこない
・先頭打者冷却スプレーも日常茶飯事
・7回裏100点差、チームメイト全員負傷の状況からみんなに冷却スプレー
・ワンバウンドも余裕で腕振り
・1回の腕振りで腕が3本に見える
・相手のサインを盗むのも特技
・コーチャーズボックスに立つだけで自分の監督が泣いて喜んだ、心臓発作を起こす3塁コーチも
・ボークじゃなくても納得がいかなければ審判に告げ口して帰ってきた
・あまりにも試合に出ないから牽制球でも代打扱い
・その牽制球もバックゥ!
・ピッチャーを一睨みしただけでボールが1塁に飛んでくる
・試合の無い移動日でも声出し
・バットを使わせてもらえなかった
・チームメイトのグラブを俺が磨いてピカピカの状態で返す
・1塁がアウトになってからベンチに帰る方が早かった
・ウェイティングサークルに立てない
・本気を出すタイミングがわからない
・3年生で試合に出てないのは俺くらい

923view


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2009-07-03 (金) 00:50:38 (3302d)