全盛期のトヨタ伝説 

・3車種5クラストップシェアは当たり前、3車種8クラストップも
・試作車完売御礼を頻発
・トヨタ車にとってのシェア2位はモデル末期5割引車の売り損ない
・1ドル10円レート、国内他メーカー全社大赤字の状況から一社で黒字
・100万台リコールも余裕で回収
・一台の新車販売で他社在庫が三倍に増える
・新型車を企画するだけでカルロス・ゴーンが泣いて謝った、心臓発作を起こすフォード社長も
・シェアトップでも納得いかなければ生産を打ち切って帰ってきてた
・あまりに売れすぎるからマークII3兄弟は1台でカウント
・そのマークII3兄弟でシェア1〜3位独占
・工場稼動の無い休日でも2万台生産
・生産ロボットを使わずに手で作ってたことも
・自社の輸出車両を自社海外法人でキャッチして自社運搬船で逆輸入
・1日でシェアトップなんてザラ、1時間で記録することも
・一塁でアウトになってからベンチに帰るバッター用のリリーフカーを発売
・ウェイティングサークルまでトヨタ車で送迎
・打球キャッチしようとしたピッチャーと、それを受け止めようとしたセカンド、ショート、センターの選手ともどもトヨタ・プリウスを贈呈した
・観客の韓国人のヤジに流暢な韓国語で反論しながら韓国でシェアナンバーワン獲得
・セールス氏がグッとガッツポーズしただけでF1チームに5点くらい入った
・湾岸戦争が始まったきっかけはフセインの侵攻
・ライトの深い位置からキセノン・ビームを照射してた
・自社の試乗車に飛び乗ってお客様のご自宅まで調子お伺いに行くという接客サービス

921view


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2008-07-01 (火) 12:57:53 (3584d)