全盛期の自治労伝説 

・3加入者5不払いは当たり前、3加入者8不払いも
・自治労にとっての通常出勤はカラ出張の取りそこない
・午前11時60人待ち、職員全員休暇の状況から1人で早退
・ワンクリックで平気で消去
・一回のキータッチで年金記録が三人分消える
・煙草休憩で半日休暇が特技
・応対に立つだけで相談相手が泣いて謝った、心臓発作を起こす被保険者も
・マッサージ機でも納得いかなければ保養♨施設行って帰ってきてた
・あまりに紛失しすぎるから新規加入でも非加入扱い
・その非加入も紛失
・被保険者を一睨みしただけで積立て期間が三年分減っていく
・受領印使わずに拇印で済ませたことも
・自分の年金記録を自分で紛失してねんきんダイヤルで問い合わせする
・デスクからカウンターに行くより自宅に帰る方が早かった
・問い合わせに来た加入者と、代理できた弁護士、議員、議員秘書ともども未納付にした
・グッとガッツポーズしただけで5人くらい未納付
・入力ミスでブラックマンデーが起きたことは有名
・土地バブルが始まったきっかけは自治労の保養♨施設建設
・トイレの洋式便器から窓口の問い合わせも処理してた
・菅直人の納付記録を楽々未納付にしてた

952view


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2008-02-12 (火) 12:07:16 (3782d)