全盛期の労組伝説

・3日間5回スト決行は当たり前、3日間で8回スト決行も
・先頭打者満塁ストライキを頻発
・労組にとっての有給休暇はストライキの決行しそこない
・9回裏100点差、チームメイト全員負傷の状況から労組がスト決行
・夏でも余裕で春闘
・一回のストライキで会社の損失の0が三つ増える
・賃上げストライキをちらつかせるだけで国鉄が泣いて謝った、倒産しかける京成電鉄も
・ストライキでも納得いかなければ直帰
・労組の人たちを一睨みしただけで鉄道会社の経営者は振り替え乗車を行ってくれる会社に飛んでいく
・経営を立て直そうとした京成と、効率化を図ろうとした国鉄、日本航空、ヒュンダイの会社ともども壊滅させた
・観客の韓国人のヤジに流暢な韓国語で労働三権の重要性を説き、ヒュンダイに送り込む
・グッとガッツポーズしただけで賃金が上がる
・遵法闘争で首都圏全域に暴動が起きたことは有名
・自分達のストライキのせいで起きた暴動で国民の信頼を落とすというファンサービス
・病気の子供に賃上げを約束
・イチローが立てるスレは伸びる
・久留里線がストライキされてることにまだ気づいていないJR東日本も多い
・京成では労組に2年連続スト回避を成功させたら幹部候補生になれるらしい
・2年連続スト回避は「今年は賃金上げてね」という暗号
・労組は、いつも店先のトランペットを物欲しそうに眺める少年のためにストライキをしたことがある
・のちの鈴木本部長である

968view


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-08-05 (木) 22:40:21 (3048d)