芸能人

全盛期のセガール伝説 

・3打撃5人殺しは当たり前、3打撃8人殺しも
・過去数々の勲章を頻発
・セガールにとってのテロリスト集団はそこいらのチンピラの出来損ない
・手を使わず敵全滅も日常茶飯
・敵100人武器戦艦、乗客、乗組員全員人質の状況から1人で奪還
・目の前で放たれた銃弾も余裕でかわす
・一回のフェイントでセガールが三人に見える
・厨房での戦闘が得意
・セガールの名前を聞いただけで相手テロリストが泣いて謝った、心臓発作を起こすテロリストも
・大統領はセガールが乗り込んでいるという情報を聞いただけで、狂喜乱舞した
・セガールを確実に殺したと余裕をこいて、セガールの遺体を確認しないでで帰ってきてたのが命取り
・あまりに強すぎるから一撃くらわしただけでも英雄扱い
・その次の瞬間もコキャっと
・テロリストを一睨みしただけで列車が暴走していく
・撮影の無い休暇でも2度アメリカを救う
・手を使わずあえて苦手な銃で殺したことも
・相手が投げたナイフを余裕でキャッチして脳天に突き刺す
・発射まじかの核弾頭を阻止するなんてザラ、発射してからも
・銃で殺されるより、セガールに殺されるほうが痛くなかった
・開始10分でアメリカを救った
・アメリカを潰そうとしたテロリストと、それをそれを阻止しようとした、大統領、アメリカ軍精鋭ともども壊滅してやった
・観客の日本人のヤジに流暢な関西弁で反論しながら背骨真っ二つ
・グッとガッツポーズしただけで5人くらい殺した
・電子レンジで爆弾が作れたことは有名
・湾岸戦争が終わったきっかけはセガールがいたおかげ
・絶対姿が見えない位置からの狙撃も楽々かわしてた
・ボーリングの球で楽々フルボッコしてた
・別映画なのに、ステルス戦闘機に飛び乗ってハイジャックされた飛行機まで行くというファンサービス
・セガールは負けたことはない
・ベットの上でも負けなし・余裕でアメリカを救えるのはセガールくらい
・セガールをケガさしたら万万歳
・セガールが乗ってた特急列車に衛星をうばわれる
・病気の兵士に特効薬を約束
・昔はテレビCMに出ていた
・負けた理由はあんなに強いボスがセガールの拳で骨折したから
・ガラスに向かってホイホイ敵を投げられのはセガールくらい
・選敵眼がよすぎるせいか柱の裏の狙撃手までよく見える
・街でセガールが歩くだけで皆震え上がる
・セガールを狙うテロリストは滅びる
・セガールに殺されたことにまだ気づいていないテロリストも多い
・テロリストはセガールを見かけると落ち込んで故郷に帰ってしまう
・じつはセガールが使ってるのは小指だけ
・セガールが戦地におもむいた時点で戦争終わりでいいだろ
・セガールに2回攻撃食らわしたテロリストは神と讃えられる
・アメリカがテロリストとは交渉しないというは「セガールがいるから」という安心感
・セガールが道端に咲いてる赤い花で未知のウイルスの特効薬を発見したの有名
・しかしそのウイルスでもセガールだけは殺せなかった
・パーティー後、ケーキの中から出てきた女と、イージス戦艦を沈黙したのはあまりにも有名
・セガールは、いつも店先のトランペットを物欲しそうに眺める少年を背後から一発で仕留めたことがある

2491view


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2007-12-23 (日) 02:29:44 (3951d)