羽生伝説 

・7番勝負7連勝は当たり前、9連勝も
・第1局で防衛を決めたことも
・羽生から1勝すればタイトル奪取というルールはもはや伝説
・羽生の一番苦手なボードゲームは将棋
・駒箱を開けた瞬間にはもう相手玉が詰んでいた
・羽生が一睨みすると升田の銀が斜めに動けなくなった
・立会人のために鰻を捌きながら指したことも
・バイオリンでも佐藤に勝つ
・奨励会員相手に20枚落ちで勝ったことがある
・A級順位戦はA級9人相手に9面指し
・いつも店先のトランペットを物欲しそうに眺める少年に本榧六寸盤を贈ったことがある
・奨励会員時代、記録係で1勝したことがある
・チェスと間違えて持ち駒を使わずに指したが勝った

全盛期の羽生善治伝説 

・7タイトル中10冠は当たり前、7タイトル中12冠も
・初手で王手飛車を頻発
・羽生にとっての手付かず完勝は入玉のしそこない
・盤面すべて相手駒、持ち駒も全て相手の状況から玉だけで逆転
・待ったされても余裕で勝利
・一回の王手で龍が三枚に見える
・玉で王手が特技
・対局場に立つだけで谷川が泣いて謝った、心臓発作を起こす佐藤も
・勝勢でも納得いかなければ打ち歩詰めして帰ってきてた
・あまりに勝ちすぎるから野球盤で対決
・その野球盤でも三塁打
・荒木を一睨みしただけで振り駒が先手になる
・対局の無い解説でも2勝
・盤を使わずに脳内で指してたことも
・自分の香車を自分でキャッチしてレーザービームで打ち返す
・対局で勝利してから感想戦の方が長かった
・王手を受けしようとした歩と、それを受け止めようとした金、銀、角の駒ともども相手玉に突き刺した
・観客の韓国人のヤジに流暢な韓国語で反論しながら王手飛車
・グッとガッツポーズしただけで寝癖が5本くらい立った
・振り飛車でハリケーンが起きたことは有名
・自分の桂馬に飛び乗って客席まで行くというファンサービス
・大局観がよすぎるせいか対戦相手の老後まで見える
・あまりに勝つのでチェスをやっていた時期も
・ハンデとして有利になったら盤を回転させるルールも導入されたが全然ハンデにならなかった

Tag:[将棋]

17617view


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2008-02-15 (金) 12:56:25 (3868d)