全盛期の市原悦子伝説 

・1番組5目撃は当たり前、1番組で8目撃も
・先頭打者満塁ホームランの目撃を頻発
・市原にとっての当事者として居合わせることは目撃のやりそこない
・先頭打者サイクルヒットの目撃も日常茶飯
・ホワイトハウスに派遣されていた時、キューバ危機で悩むケネディを目撃
・ウォーターゲート事件も余裕で目撃
・一回の目撃で結末が三通り見える
・人生初の目撃はヒトラー最後の三日間
・スタジオに入るだけで相手役が泣いて謝った、心臓発作を起こす監督も
・殺人現場の目撃でも納得いかなければ警察に通報しないで帰ってきてた
・あまりに目撃しすぎるから目隠しをして外出
・しかし気の流れで目撃
・風景を一睨みしただけで決定的な現場を発見
・収録の無い移動日でも2目撃
・目を使わずに心で目撃してたことも
・自分の決定的瞬間を自分で目撃して自分で証言する
・内野ランニングホームランの目撃なんてザラ、2回連続で目撃することも
・ケネディ暗殺の真相も目撃
・楽屋でも目撃した
・目白御殿に派遣されていた時、ロッキード事件の真相を目撃
・下川事件の真相も目撃し、当時の刑事や新聞記者を出し抜くも、本人は十年以上公表せず
・グッとガッツポーズしただけで5回くらい目撃した
・彼女の目撃で中東戦争が起きたことは有名
・湾岸戦争が始まったきっかけは市原悦子の目撃
・ライトの深い位置から石田純一の浮気現場も目撃してた
・金正日の弱みをも目撃
・市原は、店先でトランペットを眺めている少年に、日本昔話を朗読してあげた

1177view


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2008-08-27 (水) 12:43:51 (3587d)