全盛期の西村京太郎伝説

・3ヶ月5作品は当たり前、3ヶ月8作品も
・ベストセラー上位を頻発
・西村先生にとっての短篇は長篇の書きそこない
・長者番付上位も日常茶飯
・12月31日、アシスタント全員休養の状況から1人で1冊完成
・ドラマ化作品も余裕でヒット
・連載一回目の締切で原稿が三本入稿される
・睡眠しながら執筆が特技
・断筆を匂わせただけで編集者が泣いて謝った、心臓発作を起こす編集者も
・結末に納得いかなければ同じ日にまた書き直して完成させた
・あまりに書きすぎるから編集者が旅行を勧める
・その旅行先でも執筆
・西村先生を一睨みしただけでその編集者の首が飛んでいく
・出版社がオフのお盆でも2作品
・鉛筆使わずに口述で書き上げたことも
・自分の作品を自分で批評してレーザービームで書き直す
・年間100冊なんてザラ、200冊出すことも
・一作品を完成させてから次作に取り掛かる方が早かった
・編集部へ向かう車内でもう1作書き上げた
・次作を依頼しようとした光文社と、それに対抗しようとした講談社、徳間書店、角川書店の仕事ともども完成させた
・読者の韓国人のヤジに流暢な韓国語で反論しながら十津川警部韓国へ
・グッとガッツポーズする間で5作品くらい書いた
・執筆速度でハリケーンが起きたことは有名
・世界恐慌が始まったきっかけは西村先生の出版過多
・山奥の深い村を取材しながら東京が舞台の作品も処理してた
・編集者の雑談を楽々作品に取り入れた
・十津川警部が地元まで行くというファンサービス

886view


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2009-04-02 (木) 11:54:36 (3365d)