全盛期の村上春樹伝説

・1ページ5射精は当たり前、3ページ18射精も
・公開マスターベーションを頻発
・春樹小説の主人口にとってのセックスはオナニーのしぞこない
・一人でも余裕でセックス
・一回のオナニーでペニスが三本に見える
・ペニスでホームランが特技
・射精をするだけで読者が泣いて喜んだ、心臓発作を起こす信者も
・あまりにオナニーしすぎるからセックスでもオナニー扱い
・女を一睨みしただけで股を開いてくれる
・手使わずにオナニーしたことも
・自分の精子を自分でキャッチしてレーザービームで投げ返す
・一ページで句読点よりも射精する回数の方が多かった
・グッとガッツポーズしただけで5回くらい射精した
・主人公のオナニーでハリケーンが起きたことは有名
・湾岸戦争が始まったきっかけは主人公の公開マスターベーション
・自分の精子に飛び乗ってスタンドまで行くというファンサービス
1663view


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2009-01-13 (火) 19:04:41 (3566d)