全盛期の田宮榮一伝説 

・3事件5推理は当たり前、7事件16推理も
・先頭打者、推理空振りも頻発
・田宮にとっての通り魔強盗事件は、計画的犯行のなりそこない
・犯人は10代から20代、20代から30代、30代から40代も日常茶飯
・事件発生から三日、捜査員全員負傷の状況から1人で犯人のプロファイリング
・ワン証拠でも、余裕で推理
・一回のプロファイリングで、犯人像が3つに割れる
・妄想という推理が特技
・テレビに出て推理するだけで、視聴者が泣いて謝った、笑い転げる犯人も
・犯人逮捕でも推理から外れていたら、犯人釈放して帰ってきた
・あまりにも推理が外れるから、年齢、性別当てるだけでも褒められる
・それでも外れる
・証拠物件を一睨みしただけで、犯人像が頭の中から浮かび上がる
・事件の無い日でも2推理
・証拠物件に目を通さず、勘で推理してたことも
・幼児を狙った犯行を、「幼児性愛者による可能性がある」「複雑な社会にうまく適応できない
 若者が不満を抱え、自分より弱い者に刃を向けるケースも考えられる」と推理するも
 実は犯人がその母親なんてザラ
・暢気に推理してるより、犯人が自首してくる方が早かった
・趣味の時間の片手間で犯人像のプロファイリングをした
・犯人は被害者の顔見知りか初対面の人物、犯人は学生または会社員もしくは主婦を含む無職
 犯人は土地勘があるかもしくは通りすがりの人物、ともどもスタンドイン
・自分にヤジをとばす視聴者に流暢なプロファイリングで特定してみる
・渋谷バラバラ事件を複数犯、裏社会のいざこざで殺された、犯人はアジア系外国人かも、と
 推理してみるも、犯人は夫のDVに耐えかねた妻だったことはあまりにも有名
・しかしノンキャリでのエリート精進はあまりにも意外
・俺でも犯人を推理できると思ったきっかけは、田宮の無様な推理
・ボーリングの球も楽々凶器だと断定
・公共の電波に飛び乗って、とんでも推理を各家庭にお届けするというファンサービス

3339view


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2009-02-26 (木) 14:04:18 (3460d)