全盛期の堀江貴文伝説

・3事業新規参入は当たり前、5事業新規参入することも
・先頭打者満塁HRは想定の範囲内
・堀江にとってのオンザエッジはライブドアのなりそこない
・俺が童貞なのは想定の範囲外
・フジテレビまでランニングホームランも日常茶飯
・年末、赤字必至、社員負傷の状況から1人で粉飾決算
・ワンバウンドも余裕で想定内
・だけど打てない
・一回の取引で、取得ニッポン放送株が35%にみえる
・アイデアが次々と沸いて出てくるのが特技、ホリエモンと呼ばれる時も
・新規参入するだけで、近鉄バファローズが泣いて謝った、心臓発作を起こす楽天も
・実業家でも納得いかなければ、選挙に出馬してきた
・亀井静香にさしで対抗できるのは堀江ぐらい
・亀井は堀江を『刺客』と呼んだが、亀井の顔が『四角』なのはあまりにも有名
・フジテレビを一睨みしただけで、ニッポン放送株が飛んでくる
・休みの日でも2アイデア
・グッとフジテレビと和解しただけで、1400億円ほど手に入った
・回転回転回転回転ライブドアオートでハリケーンが起こった
・湾岸戦争が始まったきっかけはイラクのクウェート侵攻
・六本木ヒルズの高い位置からインサイダー取引も処理してた
・ボーリング場にも楽々新規参入した
・自家用ジェットに飛び乗って、吉川ひなのとパラオまで行くというファンサービス

2150view


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2009-02-13 (金) 01:23:47 (3533d)