全盛期のメンズナックル伝説

・1ページ5伊達ワルは当たり前、1ページ8伊達ワルも
・シーンの最前線に立ち続ける覚悟を頻発
・メンナクにとっての読者モデルは煽り文のオマケ
・黒騎士がストリートという劇場に舞い降りることも日常茶飯事
・9回裏100点差、一人でいつだって何かに逆らい生きてきた
・パイレーツも余裕で食い殺すワイルドさ!
・孔雀が堕天使の象徴に見える
・全てのナックルガイを天に返すのが特技
・一つだけ言える心理がある。「男は黒に染まれ」と言っただけでメンズノンノが泣いて謝った、廃刊する雑誌も
・ブリリアントな罠でオマエを籠絡させずに帰ってきた
・余りにも漆黒に選ばれすぎるから女たちはみんな一直線に俺の虜
・そこからが俺の伊達ワルレジェンドの始まり
・パイレーツを一睨みしただけで食い殺すワイルドさ
・撮影のない時でも人は俺を「マッド・ロックの伝道師」と呼ぶ
・ヤバ過ぎる牙を程よく包むため迷彩を使ったことも
・自分のファッションで体制に逆襲
・愛に生き、愛に死ぬなんてザラ、それが孤高のファンタジスタ
・エレガントに舞うよりクレイジーに酔う方が早かった
・ガイアが俺にもっと輝けと囁いた
・同じ特集を組もうとしたメンズノンノ、POPEYE、LEON、BOON、cool transともども廃刊させた
・抱けなかった女を流暢なデニム選びで抱けるようになった
・グッとガッツポーズしただけで I'm Black Rock!
・伊達ワル・ザ・ムービーに全米が泣いたことは有名
・湾岸戦争が始まったきっかけはメンズナックルの創刊
・何処までも楽々クレバーに抱きしめてた
・痛々しいセリフをモデルが言ったかのように載せるというファンサービス

2340view


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2007-12-25 (火) 03:24:39 (3892d)