全盛期のテポドン伝説

・3発射2失敗は当たり前、5発射4失敗も
・連続発射失敗を頻発
・北朝鮮にとっては着弾点が目標より遠くても命中と同じ
・発射前全失敗も日常茶飯
・経済封鎖、主席脳溢血の状況から発射準備
・手伝ってもらっても余裕で失敗
・1回の発射で失敗が3つに増える
・発射の中止が特技
・発射装置に設置されるだけで周辺諸国に怒られた、経済封鎖を始める国も
・発射成功でも納得いかなければ本土に落ちずに太平洋に落ちた
・あまりに失敗しすぎるから発射しなくても発射扱い
・そのテポドンも発射失敗
・設置準備しただけで発射装置に亀裂が入る
・ミサイルの無い状況でも2失敗
・発射装置を使わずに地上から発射も
・ひとつ前に発射したテポドンを次に発射したテポドンでキャッチしてその場で爆発
・作成中亀裂なんてザラ、2か所亀裂が入ることも
・ミサイル発射装置に設置するよりも亀裂が入るほうが早かった
・燃料注入中に亀裂が入った
・迎撃しようとしたイージス艦と、それを監視しようとしていたレーダー、衛星、偵察機が見守っている中爆発した
・近くの韓国人のヤジを受け流しながらその場で爆発
・グッと方向を変えただけで5か所に亀裂が入った
・切り離しで亀裂が入ることは有名
・チベット騒乱が始ったきっかけはテポドンの工場内爆発
・ミサイル工場内から上空に至るまで亀裂が入っていた
・ノドンでも楽々亀裂が入った
・発射装置に設置してその場で爆発するという周辺国サービス

785view


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2009-04-04 (土) 07:40:48 (3425d)