地域

全盛期のヨハネスブルグ伝説 

・軍隊上がりの8人なら大丈夫だと思っていたら
 同じような体格20人は当たり前、40人も
・タクシーからショッピングセンターまでの10mの間に強盗を頻発
・ヨハネスブルグにとっての強盗はもう1度襲いそこない
・石強盗も日常茶飯
・ユースから徒歩1分、白人が路上にいる状況から1人で殺害
・「男も」余裕でレイプ
・一回の外出で強盗に三回あえる
・車で旅行者突撃が特技
・道を歩いているだけで旅行者が泣いて謝った、心臓発作を起こす観光客も
・何も持っていなくても納得いかなければ靴と服を盗まれ下着で戻ってきた
・あまりに危険すぎるからショッピングセンターまでタクシーでいく
・そのタクシーからショッピングセンターまでの10mの間に強盗に襲われた
・足もとがぐにゃりとしただけで死体が転がっていく
・徒歩移動の無いバスの中でも強盗
・石を使わずに手で石強盗したことも
・自分のHIVを自分で処女を犯して治す
・中央駅から半径200m以内で強盗なんてザラ、2回襲われることも
・ヨハネスブルグに入ってから強盗に襲われる方が早かった
・バスの乗客が全員強盗だった
・「そんな危険なわけがない」といって出て行った旅行者と、
 それを止めようとした軍人上がり、腕時計をした旅行者、手ぶらで出て行った旅行者の選手ともども血まみれで戻ってきた
・観光客の韓国人のヤジに流暢な英語で反論しながら強盗
・ふっと1日が経っただけで平均120人ぐらい殺された
・ユースから徒歩1分で殺人が起きたことは有名
・湾岸戦争が始まったきっかけには特に関係していない
・バスの深い位置から乗ってきたばかりの客も襲ってた
・軍人上がりの8人を楽々素っ裸にしてた
・車に飛び乗って旅行者に突っ込むというファンサービス

4087view


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2007-12-21 (金) 13:20:54 (3890d)