全盛期の香川伝説 

・3食5うどんは当たり前、3食8うどんも
・うどんの茹で汁で産湯を頻発
・香川人にとってのラーメンはうどんのできそこない
・茹で汁の排水で水質汚染も日常茶飯
・貯水率0%、日本全国水不足の状況から1人でうどん
・ワンバウンドも洗えばセーフ
・一回の麺打ちでうどんが三トンできる
・うどんで村おこしが特技
・厨房に立つだけで徳島が泣いて謝った、心臓発作を起こす高知も
・うどんでも納得いかなければ箸を付けないで帰ってきてた
・あまりに食いすぎるからそばでもうどん扱い
・そのそばはあんまり食わない
・ホールを一睨みしただけでうどんが客席に飛んでいく
・食事の無い寝てるときでも2うどん
・箸使わずに手で食ってたことも
・自分の畑を自分で収穫して製粉機でうどん粉にする
・生醤油かけただけのうどんなんてザラ、おかわりすることも
・ダムに水が溜まるよりうどんを茹でる方が早かった
・ウェイティングサークルでうどん食った
・米を植えようとした農家と、それを受け止めようとした消費者、農協、農家の家族ともども小麦を作らせた
・客の東京人のヤジに流暢な香川弁で反論しながら背面茹で
・グッとガッツポーズしただけで5玉くらい茹でた
・サッカーのチームにうどんの名前を付けたことは有名
・湾岸戦争が始まったきっかけはうどんの茹で加減
・香川の深い山から全国向けのうどんも出荷してた
・ボーリングの球を楽々うどんにしてた
・客が自分でうどんを茹でて盛り付けまでするというセルフサービス

1018view


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2008-10-10 (金) 12:20:33 (3601d)