全盛期の大和市伝説 

・3世帯5外人は当たり前、3世帯8外人も
・交通事故を頻発
・大和にとっての相模ナンバーは大和ナンバーの打ち間違い
・外国語を聴くことも日常茶飯事
・会社の9割が外人だった
・ベトナム人も余裕で採用
・一回の訓練で戦闘機が3機に見える
・古風DQNが未だに存在する地域も
・大和出身というだけで相手に外人扱いされた、大和を知らない人間も
・江ノ島でも納得いかなければ藤沢で帰ってきた
・あまりにも交通事故が起きすぎるから深夜の爆音でも就寝扱い
・その就寝中も外国人犯罪
・大和駅を一睨みしただけで電車が小田原、新宿、横浜、江ノ島に飛んでいく
・警察が動かない日はない
・パトカーを使わずに徒歩で逮捕したことも
・自分でスピード違反して暴走族を煽ってから捕まえる
・暴走族なんてザラ、同時に2組来ることも
・東京はうるさいと思っていたら、大和についてからのほうがうるさかった
・246に入ろうとしたドライバーと、たまたま通りがかった通行人がみんな跳ねられた
・韓国人の屋台を流暢に無視しながらドネルケバブ
・グッとガッツポーズしても特に何もなかった
・神奈川の米軍基地率が沖縄についで二位であることは有名ではない
・湾岸戦争には特に関係ない

1252view


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2008-04-08 (火) 12:13:47 (3905d)