全盛期の日本警察

・一日に五十回は「忙しい」と言い訳、忙しいと言うだけで一日が終わることも
・市民の抗議にカタコト以下の日本語で反論、本当に意味がわからない
・暴走族のヘッドと仲良し、末永い付き合いも
・家族には自分は日本を守っている偉い人だと思われている、と思っている
・しかし家族にいい所を見せようとはせず家族といるときは恥をかかないようトラブルをスルー
・面倒なときや敵対する相手には「証拠がないから」、逆のときは「証拠などなくてもいい」と明言
・民事不介入の意味は知らないが困ったときは言えばいいと先輩から学んだ
・逆ギレは当たり前、トリガーなしでキレてあたることも
・ストーカー被害相談女性に相手とのセックスの有無を執拗に確認
・相談に訪れた被害者の個人情報を聞き出し、勤務中に執拗に交際をせまった
・警官からの被害相談を警察にすると加害警官が担当として出てきた
・捜査でもないのに調べ上げ、家族や職場の人間に迷惑をかけるのは日常茶飯事
・2ちゃんねるに張り付いていても本気で仕事してると思っている
・市民はなんでも警察のせいにしてるだけだと本気で思っている
・試験をパスし現在勤務しているという理由だけで、本気で警察の仕事ができていると思っている
・刑法を窃盗罪しか知らなかったが問題はなかった
・ぎりぎり詐欺罪を知っていたがやっぱり意味はわからなかった
・脅迫罪の基準は警官の価値観で決まっていたが、最近世論のお墨付きももらえたと勘違い
・警察学校は代々木アニメーション学院の成りそこない
・交通課はクレームが多いというだけでクレームはすべて交通課にまわして逃げる
・クレームを妬みだと捉えて悔しかったら警察官になってみろと笑うことも
・正義感のわずかでもある警官は、交番勤務か辞職しかしない
・その交番勤務でも違法行為を連発
・拳銃をつきつけて後輩を指導しようとしたら間違えて撃ってしまった
・これには警視総監も苦笑い
・意味はわからないがとりあえず公安が一番ヤバイと思っている

1033view


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2008-09-10 (水) 23:47:48 (3571d)