全盛期の283系特急「スーパーおおぞら」号伝説

・一日5往復は当たり前、8往復も
・始発駅オーバーランを頻発
・スーパーおおぞらにとっての振り子は空の飛びそこない
・展望ビデオが販売禁止も日常茶飯
・2時間遅れも余裕で回復
・一回の待避で3列車交換するように見える
・警笛を鳴らすだけでヒグマが泣いて謝った、心臓発作を起こすサルも
・あまりに傾きすぎるから駅弁をリバースしても誰も気にしない
・車掌もリバース
・DD51の代わりに貨物列車を牽引していたことも
・南千歳での乗り換え客を自らキャッチして振り子の力で羽田へ投げ飛ばす
・グッと指差点呼しただけで5駅くらい通過した
・283系の燃費のせいでオイルショックが起きたことは有名
・夕張市の財政破綻が始まったきっかけはスーパーおおぞら号の新夕張通過
・釧路駅の深い位置からとかち号の乗客も処理してた
・釧路を飛び越して塘路まで行くというファンサービス
・283系はノッチを入れた事がない
・283系が故障したらカシオペアが運転中止
・283系が傾くと地球の軌道がずれる
・病気のエゾシカに無事故を約束
・ヘッドライトが明るすぎるせいか函館の夜景まで見える
・スーパーおおぞら号が通過したことに気づかない住民も多い
・試運転中の禁則事項ですで北方領土奪還したのはあまりにも有名
・先頭車両の展望スペースでかぶりつける確率は宝くじで3億円当たるより低い
・最後尾でかぶりつくと逆に酔う(マジで)
・283系のモーター音にロシア軍のレーダーが反応してしまうので警戒されていた
・加速中に根室まで行けた
・運転士には「架線」が見えていたらしい
・その運転士は、いつも店先のトランペットを物欲しそうに眺める少年を白糠まで乗せてあげたことがある

1608view


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2008-09-10 (水) 23:36:50 (3690d)