全盛期の冨樫伝説 

・3刊5連載は当たり前、3刊8連載も
・ジャンプの表紙を頻発
・冨樫にとっての連載は落書きのしそこない
・ペンを握りっぱなしも日常茶飯
・ラスト5分、アシスタント全員負傷の状況から1人で書いた
・どんな敵でも余裕で勝たせる
・一回の連載でコミックスが三巻に出る
・足で書くのが特技
・机に座るだけでアシスタントが泣いて喜んた、心臓発作を起こすアシスタントも
・一話書いても納得いかなければちぎった
・あまりに書きすぎるから連載中でも休載扱い
・それでも5話載せた
・ペンを一睨みしただけで3話仕上がった
・連載の無い休刊でも2連載
・ペンを使わずに血で書いたことも
・自分の漫画を自分で感想書いてポストに投函する
・ジャンプ一冊ハンター×ハンターなんてザラ、2冊出ることも
・車で本社に行くより1話書くのが早かった
・ジャガーさんの位置で連載した

2187view


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-07-31 (土) 20:20:31 (3419d)