全盛期のルーデル伝説 

・1出撃5戦車撃破は当たり前、1出撃8トラック撃破も
・ルーデルにとっての撃墜は戦車撃破のしそこない
・ベルリン陥落、総統自殺の状況から1人で戦車撃破
・巡洋艦も余裕で撃沈
・戦艦もどうにか撃沈
・一生の間に被撃墜が30回もある
・30回撃墜されても生きているのが特技
・撃墜されて片足を失っても納得いかなければ義足つけて戦線復帰
・爆撃機でも敵機撃墜
・爆撃機が無くても戦闘機で出撃
・その出撃でもスコアを稼ぐ
・スターリンの「ソ連人民最大の敵」との野次に爆撃機で急降下しながら戦車撃破
・グッとガッツポーズしただけで戦車撃破
・A-10が開発されたきっかけはルーデルの設計思想
・ルーデルは地上標的以外に興味がない
・ルーデルが死んだらヒトラー卒倒
・ルーデルが死ぬと殺した者に10万ルーブルの賞金が支払われる
・司令部の総統に戦車撃破を約束
・昔は偵察機部隊にいた
・ルーデルが出撃した時点で師団殲滅でいいだろ
・連続戦車撃破は「今日はバイエルンが食べたい」という暗号
・ルーデルは、いつも演説してるちょび髭のおっさんから黄金柏葉剣付ダイヤモンド騎士鉄十字勲章を貰ってあげたことがある
・戦死されるとヒトラーは困るので地上勤務を勧めていた
・東部戦線に出撃したが、ソ連軍に10個師団相当の損害を与えてしまいスターリン的にNG
・終戦後に南米に移住
・移住後に結婚した相手が20歳以上年下という羨ましさ

20186view


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2008-02-26 (火) 12:45:48 (3793d)