全盛期の宮本武蔵伝説 

・3戦5勝は当たり前、3戦8勝も
・武蔵にとっての真剣は木刀のできそこない
・一乗寺下がり松、吉岡一門に1人で勝利
・刀が二本に見える
・木刀で撲殺が特技
・目の前に立つだけで相手武士が泣いて謝った、心臓発作を起こす武士も
・あまりに強すぎるから木刀でも真剣勝負扱い
・その木刀で真剣に勝利
・敵を一睨みしただけで首が飛んでいく
・木刀使わずに手で殺してたことも
・船で巌流島に着いてから小次郎殺して逃げる方が早かった
・防御しようとした柳生宗矩と、それを受け止めようとした柳生兵庫助、柳生十兵衛、柳生博ともども撲殺した
・グッとガッツポーズしただけで5人ぐらい死んだ
・湾岸戦争が始まったきっかけは武蔵の遅刻
・武蔵がケガしたら江戸時代中断
・武蔵に殺害されたことにまだ気づいていない武士も多い
・木刀でイージス艦撃沈したのはあまりにも有名
・武蔵は、いつも店先のトランペットを物欲しそうに眺める少年に木刀を買ってあげたことがある
・あまりに勝つので最初から相手が死んでいた時期も

2590view


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2008-02-26 (火) 12:50:17 (3944d)