歴史

全盛期の劉邦伝説

・三戦五敗は当たり前、三戦八敗も
・自軍の全部隊壊滅を頻発
・劉邦にとっての勝利は敗北のしそこない
・先頭になって逃亡も日常茶飯時
・彭城を50万で占拠、城下で乱取りの状況から項羽1人に敗北
・流賊にも余裕で敗北
・一回の戦闘で項羽が三人に見える
・礼をわきまえない会見が特技
・項羽が来ただけで相手に泣いて謝った、呆れて敵に通じる曹無傷も
・勝利でも納得いかなければ理不尽な命令を出して部下を困らせた
・あまりに負けるから同情した英布が寝返り
・その英布も敗北
・軍を鼓舞しただけで兵士が四方八方へ散っていく
・漢中へ移動中も2敗
・厠を使わずに儒者の冠に小便をしたことも
・自分で旗揚げした軍を韓信に任せて軍権を投げ渡す
・二、三騎で放浪なんてザラ、行方不明になることも
・戦場で潰走になってから関中に帰る方が早かった
・群臣との論戦でも言いくるめられた
・共に逃亡していた妻と、それを引き連れていた家臣、老いた父親ともども見捨てた
・敵軍の楚人のヤジに流暢な楚語で媚びへつらいながら逃走
・グッとガッツポーズしただけで5城くらい落とされた
・生まれたときハリケーンが起きたことは有名
・楚漢戦争が始まったきっかけは劉邦の咸陽占拠
・自軍の最後尾から蕭何が主君の不始末を処理してた
・項羽との約束を楽々反故にしてた
・自分の子供を投げ捨てて馬車を軽くするというファンサービス

1648view


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2008-01-04 (金) 01:14:44 (3996d)