[[ゲーム]]

全盛期のガラハド伝説 
 全盛期のガラハド伝説 

・1回の会話で5回死亡は当たり前、8回死亡も 
・なにをする きさまらー!を頻発 
・ガラハドにとっての「ゆずってくれ たのむ!」は冥府の行きそこない 
・話しかけられただけで死亡も日常茶飯 
・「そう かんけいないね」も余裕で死亡 
・一回の会話でアイスソードが3本奪われる 
・アイスソードでふぶきが特技 
・主人公達が話しかけてくるだけでガラハドは泣いて謝った、心臓発作を起こすガラハドも 
・アイスソードを奪われても納得いかなければ冥府へ行かずに生き返った 
・あまりに死にすぎるから主人公達が話かけてきた時点でアイスソードを渡すことも 
・それでも死亡 
・主人公達を一睨みしただけでアイスソードが2本奪われる 
・主人公達が町に来ない日も死亡 
・自ら死んで冥府に行ってたことも 
・無言で殺されることもザラ、2回死ぬことも 
・殺されてから冥府に行く方が早かった 
・道端でよく死んでいた 
・アイスソードを奪おうとしたシフと、それを受け止めようとしたアイシャ、クローディア達に殺された 
・ヤジウマの町人達のヤジに、死んでいるので反論できずに冥府 
・グッとガッツポーズしただけで5本くらい奪われた 
・サルーインが復活したきっかけはガラハドのアイスソード入手 
・ライトの深い位置から三塁線のスクイズも処理してた 
・ただの挨拶で楽々死亡していた 
・奪われたアイスソードに飛び乗って冥府まで行くというファンサービス

&counter(total);view


トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS