[[スポーツ]]

全盛期のフェルナンデス伝説 

・中3日で先発は当たり前、中8分でリリーフも 
・フェルナンデスにとってのナックルボールはストレートの投げそこない 
・9回裏100点差、チームメイト全員負傷の状況からブルペンで肩を作る 
・ナックルで暗黒にするのが特技 
・マウンドに立つだけで相手打者が揺れた 
・あまりにも球が遅いため時が止まった事がある 
・牽制球は160キロ 
・四球→牽制死でノーヒットノーラン達成 
・相手バッターを一睨みしただけで3ボール 
・投げた球がキャッチャーミットに納まる事を拒否 
・試合の無い移動日でもリリーフ 
・打った打球もナックル 
・打たれた打球もナックル 
・ブルペンで完全試合した 
・グッとガッツポーズしただけで前田が爆笑した 
・フェルナンデスが仲間になりたそうにこちらを見ています 
・湾岸戦争の原因はナックル 
・実はウェイクフィールド 
・ウイニングボールをスタンドにナックルで投げるというファンサービス 
・達川が試合中にコンタクトを落としたのは有名だがそのときの投手がフェルナンデスかどうかは知らない 
・難病の少年に勝利を約束 
・その試合でフェルナンデスは10点リードの5回からリリーフ 
・次の日病院に行くのを忘れた 
・その少年が、のちの東出である 
・フェルナンデスは、いつも店先のトランペットを物欲しそうに眺める少年にフンドシを買ってあげたことがある 
・その少年が、のちの東出である 


トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS