全盛期の本田雅人伝説

・1拍5運指は当たり前、1拍8運指も
・ライブ開幕直後のロングソロを頻発
・本番開始1分前にバンドメンバー全員負傷の状況から1人でライブ成功
・一回のタンギングで音が三重に聞こえた
・練習するだけでセッション相手が泣いて謝った、腱鞘炎を起こすギタリストも
・リコーダーでも本田にかかると立派なライブ用楽器に
・息継ぎでハリケーンが起きたことは有名
・自分で作曲した曲が難しすぎるとバンドのメンバーに言われ、
 仕方なく難易度を落として発表した曲がそのバンドにおける最高難度の曲だった
・グッとガッツポーズしただけでアルペジオが聞こえてきた
・加藤鷹が指使いの教えを乞いに来た
・ロングトーンバトルを仕掛けてきた後任サックス奏者と
 それを受け止めようとした前任サックス奏者をまとめて返り討ち
・あまりに吹きすぎるから演奏中にマイクを取られた
・楽器を一睨みしただけで自然とフラジオが鳴る
・サックスを使わずに口笛で演奏してたことも
・本田のデモテープを聴いたキーボーディストが演奏方法に悩んで知恵熱を出した
・本田にとってのサックスは一番苦手な楽器
・管楽器なら種類を問わず演奏可能
・つーか棹物も鍵盤もやれる
・噂ではパーカッションもこなすという 

&counter(total);view


トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS