[[ミュージシャン]]

全盛期のYOSHIKI伝説 
 全盛期のYOSHIKI伝説 

・3公演中5回中止は当たり前、3公演中8回中止も 
・オープニング曲でドラム破壊を頻発 
・YOSHIKIにとってのドラムソロはドラム破壊のやりそこない 
・アンコール中、メンバー全員退場の状況から1人でドラムソロ 
・ピアノも余裕で破壊 
・一回のペダリングでバスドラが三回鳴る 
・ドラムに座るだけでTAMAが泣いて謝った、心臓発作を起こすカメラマンも 
・出されたカレーが納得いかなければリハーサルしないで帰ってきた 
・あまりに怪我をするから1〜2週間に2daysというゆるい日程でライブ 
・そのライブでも怪我 
・ピアノを一睨みしただけでSilent Jealousyのイントロが演奏される 
・スティック使わずに手で叩いてたことも 
・DAHLIAのレコーディングよりhideソロの方が早かった 
・グッとガッツポーズしただけでTAIJIがクビになった 
・ツーバス連打でハリケーンが起きたことは有名 
・湾岸戦争が始まったきっかけはシャワーが熱かったから 
・YOSHIKIが機嫌を損ねたらレコーディング中断 
・昔は食堂でライブをしていた 
・やめた理由はTOSHIが店を破壊したから 
・YOSHIKIが帰国したことにまだ気づいていないメンバーも多い 
・YOSHIKIはリハーサル中にステージから落ちて万有引力発見したの有名 
・YOSHIKIは、いつも店先のドラムセットを物欲しそうに眺める少年の目の前でドラムを破壊したことがある 
・後のLUNASEA真矢である 
・Xの演奏中に地震計が反応してしまうのでライブ中は警戒されていた 
・超重量のコルセットを着けながらプレイしていたためライブ後脱いだコルセットをTOSHIに投げたらアゴが真っ二つになった 
・タクシーで金沢から東京まで行けた

&counter(total);view

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS