全盛期の中国爆発伝説 

・3日間5爆発は当たり前、3日間8爆発も 
・中国にとっての火事は爆発のなりそこない 
・人生に絶望しビルの屋上から飛び降りる状況から1人で爆発 
・風邪薬も余裕で爆発 
・一回の爆発で爆炎が三つに見える 
・爆発が爆発 
・人口も爆発 
・椅子が爆発しただけでマイケル・ベイが泣いて謝った、心臓発作を起こすレニー・ハーリンも 
・あまりに爆発するから飛行機で逃げる 
・その飛行機も爆発 
・鏡を一睨みしただけで洗面台が爆発 
・人気の無い地下室も爆発 
・誘爆なんてザラ、2回爆発することも 
・爆発したものを片づける時間が爆発より早かった 
・爆発する前に屎尿を盗もうとしたバキュームカーも爆発 
・ネカフェでオナニーしながら爆発 
・グッと踏ん張っただけで便座が爆発 
・あまりにも共産党が一党独裁なので不満が爆発 
・天安門事件が始まったきっかけは国民の不満の爆発 
・ローソクも楽々爆発 
・破片が偏西風に乗って日本まで行くというファンサービス 
・「そんな危険なわけがない」といって中国にきた旅行者も地下鉄の近くで爆発 

&counter(total);view


トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS