全盛期のファインマンさん伝説(実話) 

・生涯3度も結婚し、バーでも絶えず女性が寄ってくるプレイボーイ 
・幼少期から科学について天才的な少年として話題だった 
・各大学から招聘が殺到し、断るたびに条件が良くなった 
・もぐりこんだ他分野の講座で、核心を突く質問を連発し教授を困惑させる 
・一時期絵画に熱中し、個展を開けるほど多くのファンがいた 
・ボンゴの腕前はプロ級で、のちに公演にも参加している 
・エッセイも死後20年以上経っても読み継がれるベストセラーに 
・余興で書いた物理学の教科書もベストセラー 
・余りにベストセラーを出し過ぎるから出版前の草稿もベストセラー扱いに
・手ぶらで金庫破りが特技 
・日本語も堪能で、宿帳に「不敗魔」と記名したことも 
・チャレンジャー号爆発、調査チーム全員迷走の状況から一人で解決 
・ノーベル賞も余裕でゲット 
・あまりに言葉が汚いから「くそったれ」でも敬語扱い 
・ボーリングの玉を楽々全質点計算してた

&counter(total);view


トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS