[[歴史]]

全盛期の宇喜多秀家伝説 
 全盛期の宇喜多秀家伝説 

・3刻5里遊泳は当たり前、3刻8里遊泳も 
・クロールを頻発 
・秀家にとっての犬かきはバサロのしそこない 
・背泳ぎも日常茶飯 
・1615年徳川軍15万、重臣全員負傷の状況から1人で泳いで参った 
・大阪湾も余裕で泳いだ 
・一回のクロールで腕が三本に見える 
・泳いで参っただけで明石全登が泣いて喜んだ、心臓発作を起こす大野治長も 
・戦に勝っても納得いかなければ勝鬨上げないで泳いで帰ってきてた 
・戦の無い平日でも2遊泳 
・八丈島に流されてから泳いで帰る方が早かった 
・豊臣秀頼の母のヤジに流暢な岡山弁で反論しながらクロール 
・サッと泳いだだけ士気が5くらい上がった 
・大坂夏の陣が始まったきっかけは秀家のバタ足 
・潮の流れに乗って大坂まで行くというファンサービス 
・秀家は舟に乗った事がない 
・八丈島から遊泳できるのは秀家くらい 
・秀家は、いつも自分の刀を物欲しそうに眺める小姓に水泳を教えてあげたことがある 
・フルパワーで泳ぐと周囲に怪我人が発生するので力をセーブしてた 
・秀家のクロールに徳川の間者が反応してしまうので遊泳中は警戒されていた 
・宇喜多備前中納言八郎秀家、豊臣家の御危機を聞き、八丈島より泳いで参った!!!という名言 
・超重量の甲冑を着けながら泳いでいたため合戦後脱いだ鎧を机に投げたら机が真っ二つになった

&counter(total);view

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS